Shin Noguchi Photography
2014年4月、私は鎌倉の自宅に訪れていた親父の後ろ姿にシャッターを切った。
それは、親父がステージ4の肺癌末期だということを医師から聞かされた直後だった。
この時初めて、親父の秘密を、しかも親父自身が知らない親父の秘密を知りながらシャッターを切ったことを、今でも鮮明に覚えている。
それから3年、私は親父の姿を撮り続けた。

「死ぬなよ、親父。」という静かなメッセージをシャッターに込めて。
肺癌と親父 | Dad with Stage 4 Lung Cancer
親父 83歳 初めてしかも親父自身が知らない親父の秘密を知った時だった 鎌倉 2014年4月
親父 84歳 鎌倉 2014年12月
親父 85歳 琴与と 相模原 2016年5月
親父 85歳 母に付き添われながら 相模原 2016年5月
親父 86歳 孫達が来ると 必ず得意の天ぷらを振るまい できるかぎり遊びに付き合う 相模原 2017年5月
親父 86歳 料理を作り終えたあと 相模原 2017年5月
親父 86歳 それでもタバコを許した 親父にはこれしかなかった 布団の上と孫の前では吸わないことを約束に 相模原 2017年5月
親父 86歳 孫達と遊んだあと 相模原 2017年5月
親父 86歳 小児脳性麻痺のある9歳の甥っ子ケンケンと 相模原 2017年5月
親父 87歳 この2ヵ月で急激に痩せてしまっていた 相模原 2017年7月
「これが、パパが完食できた最後の食事になってしまったのかな..」母が撮った記録写真を手に 相模原 2017年7月
親父 87歳 相模原 2017年7月
親父 87歳 相模原 2017年7月
親父 87歳 病院へ 相模原 2017年7月
親父 87歳 母に付き添われながら 相模原 2017年7月
医師から説明を聞く家族 相模原 病院にて 2017年7月
相模原 病院にて 2017年7月
親父 87歳 このまま初入院となった 相模原 病院にて 2017年7月
親父 87歳 3週間ぶりに退院できた しかし同じことを一日中繰り返すようになっていた 相模原 2017年8月
親父 87歳 琴与と 相模原 2017年8月
母 相模原 2017年8月
親父 87歳 彦乃とケンケンと 相模原 2017年8月
親父 87歳 相模原 2017年8月
「おやすみ親父 また来るよ」親父 87歳 相模原 2017年8月
これが生前最後の一枚になってしまった...

数週間後、家族からの連絡で病院に急いだが、到着する少し前に、親父は逝ってしまった。
<font color=white>.</font>
「残念..」病院の外まで出迎えてくれた姉の言葉だった 相模原 病院前にて 2017年9月6日
親父 享年87歳 相模原 病院にて 2017年9月6日
「最期にケンケンを見つめて微笑んだのよ」 相模原 病院にて 2017年9月6日
相模原 霊安室へ 2017年9月6日
相模原 霊安室にて 2017年9月6日
相模原 霊安室にて 2017年9月6日
相模原 霊安室にて 2017年9月6日
相模原 火葬場にて 2017年9月
相模原 火葬場にて 2017年9月
相模原 火葬場にて 2017年9月
相模原 火葬場にて 2017年9月
親父と再会し泣き崩れる母 相模原 火葬場にて 2017年9月
相模原 火葬場の外にて 2017年9月
火葬場から戻ってくると テレビでは東日本大震災の特別番組が流れていた 相模原 2017年9月
琴与 相模原 2017年9月
ありがとう。
愛しているよ。

寂しいよ...
<font color=white>.</font>
<b>野口治男</b>   1930年6月28日 - 2017年9月6日
肺癌と親父 | Dad with Stage 4 Lung Cancer
<font color=white>.</font>

prev | next